1. TOP
  2. 海外サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. 【18-19】レスター・シティの試合が放送されるサービス・[無料]視聴方法まとめ

【18-19】レスター・シティの試合が放送されるサービス・[無料]視聴方法まとめ

 2017/11/18 プレミアリーグ 海外サッカー   1,820 Views

2015-16シーズン、降格候補の一つと言われながら奇跡の優勝を果たしたことで大きな話題となったレスター・シティ

しかし、その後 2016−2017シーズンは12位、2017−2018シーズンは9位と低迷。
2018-2019シーズンも終盤に差し掛かった3月1日現在も11位と低迷中です。

さらに、2月24日には昨シーズン就任したクロード・ピュエル監督を解任し、新たにブレンダン・ロジャース氏が就任しました。

そうなると、気になるのがレスター・シティに所属する岡崎選手の動向ですよね。

この記事では、そんな岡崎選手が所属するプレミアリーグの2018-2019シーズンのレスター・シティについて

  • レスター・シティの試合が放送されるサービス
  • レスター・シティの歴史
  • 18-19シーズンのレスター・シティの注目選手
  • 18-19シーズンのレスター・シティの戦術
  • 岡崎慎司の調子

などをまとめました。

レスター・シティの試合を無料で視聴できる方法もご紹介しますので、ご確認下さい。

【ネット編】2018-2019シーズン「レスター・シティ」の試合が放送されるサービス・視聴方法

まずは、インターネットで18-19シーズンのレスター・シティの試合が放送されるサービスをご紹介します。

最近では映画・ドラマだけでなく、海外サッカーなどのスポーツを視聴できるインターネットのサービスが非常に便利です。

インターネットでレスター・シティの試合が中継されるサービスを一覧で比較してみました。

 

サービス/項目 放送内容(プレミアリーグ) 料金
DAZN(ダゾーン) リーグ戦、FAカップ 各節最大で5試合 月額1890円(税込)

このなかでも特にオススメなのが、「DAZN(ダゾーン)」です。

「DAZN(ダゾーン)」ではレスター・シティの試合が確実に放送されます。

 

DAZN(ダゾーン)

ダゾーンもスポナビライブと同じく様々なスポーツの試合などをスマートフォン、タブレット、パソコンなどで視聴できるサービスです。

DAZNで中継されるスポーツの試合も基本的にはライブ配信されます。

ライブ放送終了後も一定期間なら何度でも見れます。

ハイライト放送もあるので、試合の流れや結果をざっくりとチェックしたい人も使いやすいでしょう。

DAZNで放送されるスポーツは?

ダゾーンで中継されるスポーツはスポナビライブ以上です。

その放送対象はメジャースポーツからマイナースポーツまで様々。

以下に代表的なものをまとめました。

サッカー Jリーグ、海外サッカー(プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグアンなど)
野球 プロ野球、MLB
その他  F1(モータースポーツ)、UFC(総合格闘技)、NFL(アメフト)、トップリーグ(ラグビー)、Vリーグ(バレーボール)、ダーツ、競馬など

多くのスポーツが中継されていますが、その中でもサッカー関連の充実具合はスゴいです。

Jリーグや日本でも人気の欧州4大リーグ(プレミアリーグ、セリエA、リーガ・エスパニョーラ、リーグアン)だけでなく、日本人選手も活躍するトルコやオーストラリア、オランダのリーグ戦など目にする機会が少ないリーグの試合。
また、ナショナルチームの親善試合やワールドカップ予選なども配信されています。

 

ダゾーンでは、プレミアリーグのリーグ戦が全試合試合放送されます。

そのため、レスター・シティの試合も全て放送されます。

DAZNの料金は?

ダゾーンの料金は以下です。

ドコモユーザー 月額1058円(税抜)
上記以外のユーザー 月額1890円(税抜)

※ドコモの携帯電話を利用している人は少しオトクになります。

ドコモ以外を使っている人でもこの料金でこれだけのスポーツが見れるのでオトク感は強いかと思います!

 

ダゾーンは登録後1ヶ月間の料金は無料です。

 

1ヶ月間はお試し期間として利用することができます。
そのため、まずは1ヶ月間は利用してみましょう!

結果的に「必要ない」いうことになっても1ヶ月以内ならダゾーンを退会しても利用料金は0円です。

ダゾーンへの申し込み、解約も5分あれば終わります。

【テレビ編】2018-2019シーズン「レスター・シティ」の試合が放送されるサービス・視聴方法

次はテレビで18-19シーズンのレスター・シティの試合が放送されるサービスをご紹介します。

テレビでの放送サービスは、基本的には以下の2つの選択肢があります。

  • NHK BS1
  • J SPORTS(Jスポーツ)

以下より、ご説明していきます。

NHK BS1

NHKのBS放送でもレスター・シティの試合は放送されます。

ただし、全試合が確実に中継されるわけではありません。

また、録画放送なのでライブ視聴がしたい人も注意しましょう。

J SPORTS(Jスポーツ)


J SPORTSは4チャンネルマルチ編成のスポーツテレビ局です。

J SPORTSは「J SPORTS1」・「J SPORTS2」・「J SPORTS3」・「J SPORTS4」の4チャンネルに分かれています。

プレミアリーグの試合は「J SPORTS2」・「J SPORTS4」の2つのチャンネルで放送されています。

放送されるスポーツは、プレミアリーグに限らず、プロ野球、Bリーグ、モータースポーツ、ラグビーなど様々。

ただし、プレミアリーグの放送は毎節5試合のみです。
そのため、レスター・シティの試合が放送されないこともあるので注意しましょう。

そして、J SPORTSを見る場合には以下のいずれかのサービスに登録しなければなりません。

  • スカパー!
  • Jコム
  • ひかりTV
  • auひかり
  • その他ケーブルテレビ

下記にそれぞれの詳細を記載していきます。

■スカパー!


衛生放送で有名なスカパー!。

海外サッカーと言えば、スカパー!のイメージも強いかと思いますが、プレミアリーグが視聴出来るのはJ SPORTSとなります。

スカパー!経由でJ SPORTSに加入する場合、J SPORTS単体で契約する方法もあります。

その場合の月額料金は以下となります。

J SPORTS単体
※プレミアムサービスではない場合 2890円(基本料金421円+チャンネル料金2,469円)

⇒スカパー!公式サイトへ

■Jコム


Jコム経由でJスポーツに加入する場合、「スタンダード」or「スタンダードプラス」に加入した上でオプションをつける必要があります。

料金は居住地域などによって変わりますが…Jスポーツを視聴する場合、月額5000円以上は必要となります。

詳しくはJコム公式サイトで見積もりを取りましょう。

■ひかりTV


ひかりTV経由でJスポーツを視聴する場合、加入プランにJスポーツのオプションをつける必要があります。

料金は以下となります。

お値うちプラン 6448円(プラン料金3980円+オプション料金2468円)
テレビおすすめプラン 5168円(プラン料金2700円+オプション料金2468円)
ビデオざんまいプラン 5168円(プラン料金2700円+オプション料金2468円)
基本放送プラン 3548円(プラン料金1080円+オプション料金2468円)

Jスポーツだけを見たい場合には、基本放送プランで良いでしょう。

■auひかり


auひかり経由でJスポーツに加入する場合は以下となります。

プラチナセレクトパックのみ 1980円
プラチナセレクトパック+プレミアムチャンネル 3280円(1980円+1300円)

このうち、プラチナセレクトパックのみだと、「J SPORTS1」・「J SPORTS2」・「J SPORTS3」が視聴できます。

しかし、「J SPORTS4」で中継されるプレミアリーグの試合しか見れなくなります。

プラチナセレクトパック+プレミアムチャンネルだと、「J SPORTS1」・「J SPORTS2」・「J SPORTS3」・「J SPORTS4」の4チャンネル全てが見れるようになるので「J SPORTS」で放送されるプレミアリーグの試合が見れるようになります。

ただし、auひかり経由で「J SPORTS」を見る場合は、インターネット回線を「auひかり」と契約しなければなりません。

結局、2018-2019シーズンのレスター・シティの試合を視聴するなら、どれがオススメなのか?

ここまで、18-17シーズンのレスターの試合が放送されるサービスをご紹介してきました。

ここまで多くの選択肢があると、非常に迷う人も多いかと思います。

そこで以下のようにまとめてみました。

レスター・シティの試合を確実に見たい

このような人にオススメなのは「DAZN(ダゾーン)」です!

プレミアリーグのリーグ戦は全て配信されるわけでは無いため、レスター・シティの試合が全て見られる訳ではありませんが、他のリーグ戦も見られるのでオススメです。

サッカーに限らず多くのスポーツが見たい

DAZNで中継される試合は以下のように様々です。

  • Jリーグ
  • ヨーロッパ4大リーグ(プレミア、セリエ、リーガ、リーグアン)
  • NFL(アメフト)
  • UFC(総合格闘技)
  • F1(モータースポーツ)
  • ロードサイクル
  • ボクシング
  • 馬術

これ以下にも多くのスポーツが中継されています。

プレミアリーグに限らず、多くのスポーツを見たい人はダゾーンがオススメです。

⇒DAZN(ダゾーン)公式サイト

レスター・シティだけでなくチャンピオンズリーグも見たい

スカパー!(欧州サッカーオンデマンド)でのプレミアリーグの放送対象は、プレミアリーグ毎節5試合です。

レスター・シティの試合が確実に視聴できるだけではありません。

しかし、スカパー!(欧州サッカーオンデマンド)の最大の特徴はチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグが放送されていることです。

レスター・シティの試合だけでなく、ヨーロッパ最高峰の戦いを見たいという人は、スカパー!(欧州サッカーオンデマンド)が良いでしょう。

サッカー、スポーツに限らず映画、ドラマなども楽しみたい

スポーツ以外のものを見たい人は、ひかりTV、auひかり、Jコムなどがオススメです。

ひかりTV、auひかり、Jコムの場合、プレミアリーグの放映試合は毎節5試合だけとなりますので、レスター・シティの試合の放送は確実ではないです。

しかし、映画、ドラマ、アニメなどスポーツ以外の様々なジャンルのものが見れます。

スポーツ以外も幅広く楽しみたいという人はこれらを利用しましょう。

レスター・シティの歴史、昨シーズンまでの足跡

さて、ここからレスター・シティについてご紹介していきます。

1884年に創設されたレスターは1990年代は元イングランド代表のレジェンド、リネカー選手やヘスキー選手などを擁し一時プレミアのトップリーグに顔を出していたものの、上位争いに絡むことはほとんどなく2004年から2013年までは2部相当のチャンピオンシップ(一度3部まで降格)を経験するチームでした。

しかし2010年、経営難をきっかけにタイ人オーナー、ヴィチャイ氏がクラブを買収するとチームは次第に強化され、2014-15シーズンからはプレミアの舞台に久ぶりに返り咲くことに成功しました。

ちなみに過去には現在浦和レッズで活躍する元日本代表の阿部勇樹選手もプレー経験があります。

そして迎えた2015-16シーズン、イタリア人監督のラニエリ氏が率いるレスターは堅い守備からのカウンター攻撃を徹底し、強豪を次々撃破し首位を走ると23節からは一度も首位の座を譲らず2位と勝ち点10差をつける優勝を果たしました。

当時、レスターの先発は固定されており、この年24得点で得点ランキング2位に輝いたヴァーディ選手を筆頭に、中盤の守備で大きく貢献したエンゴロ・カンテ選手、サイドから魔法のような左足でチャンスとゴールを演出したマフレズ選手などレギュラーメンバー全員が大きく評価を上げました。

日本代表の岡崎選手もレギュラーメンバーの一人でヴァーディ選手とのコンビで得点こそは少ないものの前線からの守備で高い評価を得ており同様に市場価値を上げています。

翌シーズンの2016-17シーズンはそのメンバーのほとんどの慰留に成功し、攻撃的な戦力を補強しましたが守備の要だったカンテ選手が移籍した穴は大きく、ラニエリ監督は得意のカウンターサッカーからの脱却を目指しましたが失敗。

初出場のチャンピオンズリーグでベスト8に進出する快挙を見せたものの、リーグ戦では下位をさまよい、奇跡の立役者となったラニエリ監督は解任され、後任のシェイクスピア監督が何とかチームを元のカウンターサッカーに戻し立て直しましたが、結果は12位と平凡な結果に終わってしまいました。

2017-2018シーズンのレスターシティ 主要選手

現在レスターに所属する選手の多くは、2015-16シーズンの優勝メンバ―がほとんど残留しています。

ここでは主な現有戦力と新戦力の紹介をしていきたいと思います。

●ジェイミー・ヴァーディ

チームの絶対的なエースストライカーで優勝したシーズンには24ゴールを挙げています。

現在も不動の地位を築いているレスターの象徴のような選手です。

もともとは8部や7部、5部のチームに所属し、サッカーをする傍ら工場で勤務していた苦労人のヴァーディ選手は2012年まで続き、わずか3年後にプレミアリーグを優勝するという快挙を成し遂げたシンデレラボーイです。

プレーの武器は圧倒的なスピードでの裏への抜け出しとクロスやスルーパスにピンポイントで合わすことのできるシュート決定力とポジショニングが抜群にうまい選手です。

またレスターのカウンターサッカーの真骨頂である献身性も高く、前線からディフェンスに貢献することもできます。

●カスパー・シュマイケル

マンチェスター・ユナイテッドで絶対的な守護神として活躍しバロンドール候補にも選ばれた偉大な父、ピーター・シュマイケル氏を父に持つデンマーク代表のGKです。

レスターがチャンピオンシップに所属していた2011年から所属し、プレミアリーグ制覇にも大きく貢献しました。

現代のゴールキーパーに要求されるような足元の技術は決して高くないものの、ミスのない安定したセービングは評価が高く何度もチームを救ってきています。

昨季ドイツのハノーファーから加入したドイツ代表経験もあるツィーラー選手が加入し、ポジション争いが予測されましたが、結果はシュマイケル選手がポジションを死守。

今季ツィーラー選手をシュツットガルトへ追いやっています。

●ウィルフレッド・ディディ

優勝したシーズンに最も評価を上げた選手の一人、フランス代表のエンゴロ・カンテ選手がチェルシーへ移籍した穴を埋めるために昨シーズン獲得したのが現在はニースに移籍したメンディ選手でした。しかし、メンディ選手はカンテ選手の穴を埋めることができず、昨シーズン前半の失速のきっかけになってしまいました。

そんな中シーズン途中の冬の移籍市場で獲得したのがナイジェリア代表のディディ選手です。

ベルギーリーグのヘンクで高い守備力を発揮していたディディ選手はチームにフィットしカンテ選手の穴を埋める見事な活躍でシーズン後半の巻き返しに大きく貢献しています。

今季は同じく中盤の核だったドリンクウォーター選手がチェルシーへ移籍したため、ディディ選手の更なる活躍がカギになります。

●ケレチ・イヘアナチョ

ナイジェリア代表期待のストライカーで今季から加入した選手です。

若干21歳ながら、以前所属していたマンチェスター・シティでは10代にしてアルゼンチン代表のアグエロ選手のバックアッパーを務めていた人材です。

実際の出場時間は短かったものの、時間当たりの得点率はアグエロ選手を上回っていたというデータもあるほどの怪物です。

昨季はブラジル代表のジェズス選手の加入により、居場所をなくしてしまっただけに新天地レスターでの活躍が期待されます。

●デマレイ・グレイ

優勝したシーズンは岡崎選手の控えとして定番だったイングランドU-21代表選手です。
もともと才能が評価されてきた選手ですが、今季はついに本格化を見せてきた選手で将来が非常に期待されます。

高い瞬発力とそれを活かしたドリブル突破が持ち味で主戦場は主にサイドを担当、マフレズ選手とはまた違ったストロングポイントを持っています。

新監督のピュエル監督が就任して迎えたエヴァートン戦でその瞬発力を証明するような相手ごぼう抜きを披露してゴールを決めるなどさっそくアピールに成功。

途中出場での起用が多かったグレイ選手でしたが最近は3試合連続の先発出場を果たしており先発メンバー入りを虎視眈々と狙っているのではないでしょうか。

2018-2019シーズンのレスターのフォーメーション、戦術は?

基本的なレスターのフォーメーションはここ最近大きく変わっておらず、4-4-1-1の布陣を取ることが多いです。

DF陣、そしてMF陣にはグレイ選手が先発の機会を増やしてきたことを除けばほぼ変わりない布陣を維持しています。

トップはもちろんエースのヴァーディ選手が絶対的に立場を維持しています。

最近話題になっているのが、トップ下の位置。

シェイクスピア前監督の信頼を得て、トップ下の定番となっていた岡崎選手でしたが、新監督のピュエル氏はこの部分へのてこ入れを画策している様子。

エヴァートン戦ではトップ下にマフレズを配置するなど岡崎選手は今後も厳しいポジション争いが待っていそうな雰囲気です。

戦術に関してレスターが最も得意としているのは2015-16で築いたカウンタースタイルで、中盤-前線から積極的にプレスをかけ、一気にヴァーディ選手がカウンターのボールをフィニッシュするというスタイルです。

2015-16シーズンのように強力ではありませんが、昨シーズンカウンターサッカーに戻してからチームが調子を取り戻したところを見ると布陣に大きく変化のない現在もこのスタイルが一番安定した戦いができるスタイルと言えるでしょう。

2017-2018シーズンの岡崎慎司


レスターの現状を語るうえで、やはり岡崎選手の情報は外せないところでしょう。

今季の序盤の岡崎選手は得点の面で好調をアピールしています。優勝した一昨シーズンは5ゴール、昨季は3ゴールだった岡崎選手でしたが今季はすでに4ゴールをマークしており監督からの信頼を得ていました。

しかし突然の監督解任により岡崎選手を取り巻く状況は一変。

システムの部分でも少し触れましたが、岡崎選手は新監督の就任によりやや現在やや苦しい状況に置かれています。

監督交代初戦となったエヴァートン戦では先発メンバーから

ピュエル監督は「オカザキは戦術外ではない」としており様々なメンバーを使いたい意思を強調し実際に就任2試合目のストーク戦では先発メンバーとして出場しています。

監督交代で始まった安泰とみられた岡崎選手のポジション争いがどうなるかも今後の見どころですね。

まとめ

現在11位に位置するレスター。

ロジャース新監督の下、リーグ後半に復活なるか。

われらが日本代表の岡崎選手の動向も注目ポイントです。

今後もレスター・シティの動向から目が離せませんね!

そんな、レスター・シティの試合を視聴するならDAZNがオススメです。

是非この機会にDAZNに登録してみてはいかがでしょうか?

⇒DAZN(ダゾーン)公式サイト

\ SNSでシェアしよう! /

オンデマナビ -オンデマンドの番組情報と無料で楽しむ方法-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンデマナビ -オンデマンドの番組情報と無料で楽しむ方法-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク / div>

関連記事

  • 【18-19】セリエAの放送を[無料]視聴する方法。テレビ放映・ネット中継総まとめ

  • 【18-19】コッパ・イタリアの放送サービス・[無料]で視聴できる方法

  • ノースロンドンダービーの放送を見る2つの方法とは?トッテナムVSアーセナルの試合をライブ中継でチェック

  • 【18-19】パリ・サンジェルマンの試合が放送されるサービス・[無料]視聴方法まとめ

  • 【18-19】ボルシア・ドルトムントの試合が放送されるサービス・[無料]視聴方法まとめ

  • 無料で見れる!?4/23のエルクラシコを視聴したい人は必見!